KZ3 Designs blog




<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< リミッターキャンセル、ご協力取扱店 | TOP | GSX−S1000&バンディット1250 リミッターカット、強化&安定化バージョン >>

2017.02.28 Tuesday

GIVIのBOXと・・・。

0

    一応、自分好みの最低限のカスタムで止めています(笑)

    ほとんどカスタムの必要性を感じないほど自分的には満足な1台ですが。

     

     

    シートのカスタムとハンドルの変更、

    オリジナルのリミッターカットパーツの取り付けとほぼ行いまして、

    最後は、どうしても欲しいリアBOX

     

    2〜3種類ほどカスタムパーツとしてリアキャリアが出ていますが、

    どうも好きになれず、結局自分でやりました。

    まぁ何度か画像を出しているのでお気づきの方はいらっしゃると思いますが

    タンデムシートを加工してGIVIのBOXを取り付けてます。

     

    タンデムシートベースを分解し表皮からクッション、シートベースまで加工し

    GIVIのベースを固定して、

    最低限ヘルメットが入る最小のBOXを選んで取り付けました。

    走行中の荷物などはほとんど積まないし、

    積んでも小さいリュックと弁当箱程度ですので。

     

    問題は駐車している時に、

    メットや小物の収納スペースの確保を最重要視してますので。

    目的地に到着して、ヘルメットや無駄な荷物を持ってウロウロしたくないので

    最低限ヘルメットの収納は欲しかったのです。

    しばらくはスクーターばかりを乗っていたので

    メットインBOXのありがたみから離れられず・・・(笑)

    しかしまぁ、バイク便ばりの取り付け状態ですので

    乗り降りが少々面倒ですが・・・(苦笑)

    タンデムシートベースは元から若干余裕の固定なので「カタカタ」と動くのですが、

    硬質ゴムをシートベースの固定ゴム部に当たるように取り付け、

    ロックがしっかりかかる微妙な位置にて調整してるのでグラつきは皆無です。

    この辺は、以前カスタムしたGSX−R1000の時の教訓を生かしてます。

     

     

    バイクの方は、おおかた落ち着いたので

    着々とライディングシューズを作ってます。

     

    画像はくるぶしパッドのパーツだけです(笑)

    シューズ本体もほとんど型は出来上がってます。

    くるぶしパッドは、最低限のプラスチックパーツと衝撃吸収パッドとの組み合わせで

    表皮をカーボン柄の合皮をプラスして見た目を少しでも良く。

    シューズも早く完成させないと、毎回ブーツでは少々面倒ってのもあるので。

    もちろん、ライディングシューズの販売も行います。

    ライディングシューズというと、シティーユース向けでしょうけど

    一応ツーリングユースにもお勧めです。

     

     


    コメント

    こんばんは、熊本の齊藤 寛典と申します。
    いつも楽しく拝見させて貰ってます。私も同じgsx-s1000 fに乗っておりGIVIBOXを取り付けたいと思ってます!もし差し支え無ければタンデムシート改BOXの作り方の詳細を教えて頂けないでしょうか?宜しくお願い致します。
    2018/02/09 1:36 AM by 齊藤
    齊藤 様

    初めまして。
    タンデムシートの加工ですが・・・。たいしたことやってません(笑)

    今は車両が無いので詳しい説明が出来ませんのでご了承ください。
    下記説明以外はもう忘れているので解りません。
    ご自身で寸法取りや作業などの加工を行ってください。

    固定に必要な物は
    BOX固定ベースとシートを固定するステンの6mm径のボルト4本
    (相当な長さを要します。長さはもう忘れました・・・)
    スポンジシートの厚み分以上の長さのカラー
    ステンのロックナットと広めのワッシャー各4個
    (ロックナット推奨です)

    タンデムシートベースを確認し、出来るだけ平らな部分と、
    GIVIのBOXベースの多数有るネジ固定位置4カ所を適当に照らし合わせ
    その位置に6mmのボルトで固定する穴を開け
    シートのスポンジからシート表皮まで穴を開け
    カラーを入れてGIVIBOXの固定ベースとネジ止めで完成です。
    シートスポンジの穴はカラーを入れるために
    大きめに開け半田ごてなどで焼いて表面を処理し
    カラーを入れ、BOX固定ベースなどは取り付けずに、
    ネジだけで仮固定し、穴の隙間にシーラントなどを充填し水などが入らないように処理し
    硬化したら全てを固定して完成って感じです。

    あくまでも私の適当な作業ですので
    責任は一切持てません。
    ご自身のご判断で行ってください。
    BOXは非常に便利ですが、慣れないと乗り降りが大変ですよ(苦笑)
    2018/02/09 11:25 AM by kazuma

    コメントする









    ▲top