KZ3 Designs blog




<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2017.04.13 Thursday

KZ3-designs & いつつ葉 共同ネットショップ開店です。

0

    KZ3-designsと、姉妹店いつつ葉との共同ネットショップを開店しました!

     

    KZ3-deigns & itsutsuba ネットショップ

     

    開店したばかりですので品数はすくないですが

    徐々に増やしていく予定です。

     

    支払い方法は、銀行振り込み・クレジット払い・コンビニ払いなど対応致します。

     

    期間限定のセール販売などにも致します。

    是非ご利用ください!


    2017.04.12 Wednesday

    GSX-S1000 カスタムタンデムシート 作り直し

    0

      前回紹介したGSX−S1000のカスタムシートですが、

      タンデムシート側がいまいちなデザインだったので

      速攻で作り直しました(苦笑)

      やっぱりシンプルが良いですね。

       

       

       

      フロントシートと同じように直線的なデザインで収まりました。

       

       


      2017.04.09 Sunday

      GSX−S1000 カスタムシート完成

      0

        一気に作ってしまいました(笑)

        タンデムシートは慌てなくても問題無いんですが、

        フロントシートはコレが無いと乗れないので(笑)

        それで、作っていくのならついでにタンデムシートも一緒の作業だったので

        デザインだけシンプルに仕上げて型紙作って仕上げました。

         

         

         

        前回と同じあんこ抜きとサイド面の整形を行い、

        アルカンターラ生地は若干面積を広めに

        今回は中央部のシワが若干のこり、完全に取り切れていません・・・。

        自分用ですのでヨシとします。(笑)

        今回、改めて純正の合皮を確認しましたが、以外と薄いですね。

         

         

         

        タンデムシートは、デザインをシンプルにと思って

        カーボンレザーを周りで囲うようにして、

        アルカンターラ生地をセンターに持ってきましたが

        このデザインはミシンがけが結構大変で・・・。

        フロントシートと同じようなストレートのデザインにするべきでしたね。

         

         

        カーボンレザーの面積をもうちょっとセンター寄に増やたほうが良い感じですね。

        もし後ろに人を乗せるということがあれば、

        アルカンターラ生地の面積が多い方が滑りにくいし良いんですけどね。

         

        無理に回り込みのデザインにしたので、

        ミシンがけで右端のカーボンレザーのシワが残ってしまいました・・・。

        ステッチが乱れているように見えますが、

        画像で見えるだけどミス無く一発で縫えています。

        しかしシワは・・・(苦笑)

         

        売り物としてはこのデザインは厳しい物が有ります。

        もし、製作依頼が来た場合は

        フロントシートと同じストレートデザインでの制作とします。

         

        タンデムシートだけの依頼はまず無いと思うので

        フロントシートとのセットでの製作販売となると思います。

         

        ご興味のある方はメールフォームよりお問い合わせください。

        よろしくお願い致します。


        16:39 | - | comments(0) | - | - | - |
        2017.04.08 Saturday

        GSX-S1000 カスタムシート製作3回目

        0

           

          今回、再びGSX−S1000のシートのカスタムネタです。

          デザインは前回と同じアルカンターラ&カーボン柄仕様のシートで、

          今回はタンデムシートも追加です。

           

           

          自分で製作して置いてなんなんですが・・・(笑)

          2cmのあんこ抜きと、サイド部分のそぎ落とし加工をし

          おまけにアルカンターラ仕様は、おしりのずり落ち感などなく

          足つきも良好で、すごく乗りやすいシートだったので

          ノーマルシートのデカさと、ライポジの不安定感と

          足つきの悪さがとうも気になってしまい

          結局自分用としても再び作ることにしました。

          デザインも前回と全く同じ仕様で制作します。

           

           

          そこで、今回はタンデムシートの方もアルカンターラ&カーボン柄仕様で作ります。

          ベルト部分は取り外し予定です。せっかくのデザインが台無しになりますので(笑)

          とは行ってもそれほどこだわってデザインするわけでは無く

          フロントシートとのバランスを考えてシンプルに作ります。

          このタンデムシートを取り付けるとなると、

          現在のBOX付きシートは取り外す必要が出て来ますね。

          そうなったら結局市販のキャリアを選ぶことになるかと。

           

           

          製作販売も継続して承ります。

          フロントシートは、

          シート持ち込み、あんこ抜き約2cm&サイド加工で32800円です。

          ※新品シートでの新規製作では、メーカー側で現在BO状態のようなので

          シート自体の納期が相当遅れる可能性があるようですので

          現在は受け付けていません。

           

          タンデムシート側の価格は現在検討中です。

          納期はおよそ2〜3週間となります。

           

          ご相談などはメールフォームよりお願い致します。

           

           


          2017.04.06 Thursday

          久々のXPDブーツ修理とグローブ穴あき修理

          0

            久々にXPDのライディングブーツの全体底剥がれの修理と

            グローブの指先の穴の当て革補修の依頼です。

             

            ブーツはほぼ全面がダメで、オーナー様の方で市販の接着剤にて修理していますが

            やはりダメだったようです。

             

             

            グローブは中指の先端に大きな穴が開いていて。コレもオーナーご自身で

            革をボンドで貼り付けていたようですが、剥がれてしまっています。

             

            張り付いて劣化している市販のボンドを全て取り去り

            きれいにしてからの作業です。

            グローブの穴あき補修は、当て革補修という形で修理しますが

            この穴の大きさでは、表側1枚では強度が保てないので

            内側からも1枚革をあてがい、サンドイッチ状態で接着し、

            仕上げは手縫いで補修しました。

             

            指先だとミシンなどが使えないので手縫いでの作業となります。

            なるべく違和感が出ないよう段付きが出ないように仕上げてみました。

             

             

             

            次はXPDのブーツ修理です。

            当方の強力な2液性の接着剤を使って直しても使用状況によっては

            補修後に剥がれることもあるので、現在は最終的に

            タッピングスクリューやスクリュー釘などによる

            底からの打ち込み固定で強制的に補強しています。

            底からのスクリュー釘固定では、内側に向かって打ち込んでいるので

            先端が刺さらないように全て先端をつぶし、

            スクリュー釘の抜け防止をしています。

            踵部は、タッピングスクリューを内側より底の踵部を含めてねじ込み固定です。

             

            底剥がれ修理はどんな靴でも同じなのですが、

            完全に復活するという保証は出来ません。

            しかし、壊れ方の度合いや、使用状況によっては

            何時までも修理した状態で保たれている品物もあります。

             

            もし修理したいという方がいらっしゃいましたら

            一度ご相談ください。

             

             

             


            2017.04.02 Sunday

            KZ3−designsのヤフーショッピング店

            0

              現在、ヤフーショッピングにて

              当店のネットショップとして

              KZ3−designsのヤフーショッピングサイトがオープンしていますが

              新商品のUPや価格の修正などを先日行っているのですが

              すでに修正は完了していますが、反映に時間が掛かっているようです。

              更新翌日くらいに反映されるような感じです。

              ご購入をご希望の方は、今しばらくお待ちください。

               

              さらにお知らせですが、近日中にネットショッピングサイトを開く予定でいます。

              そちらのショッピングサイトは、当店の姉妹店

              「いつつ葉」のメイン店舗として立ち上げ予定です。

              レザーアイテムなどの販売がメインですが

              商品の一部としてKZ3−designsのスピードリミッターカットキットや

              その他のKZ3−designsのオリジナル製品などを

              販売する予定です。

              今しばらくお待ちください。

               

              尚、当店のご協力店のSBS中原様や、セレクトガレージ様からのご注文や

              取り付けなどのご相談なども承って頂けますので是非ご利用ください。

               

              他のバイクショップ店様からのお問い合わせなども受け付けておりますので

              メールフォームよりお問い合わせいただければ幸いです。

              よろしくお願い致します。

               

               

               

               

               

               

               

               


              2017.03.30 Thursday

              ヤフーショッピングに出品してるけど・・・。

              0

                KZ3−designsオリジナルの

                GSR750専用リミッターカットキットを2種類出品したのですが

                1種類(フルバージョンのみ)しか反映されていません・・・。

                なんででしょうかねぇ・・・。

                問い合わせフォームにも連絡したのだけど、いっこうに返信もないし・・・。

                 

                 

                と言うことで、当ホームページからももちろん販売いたします!

                 

                只今紹介ページを作成中ですので今しばらくお待ちください。

                よろしくお願いいたします。

                 

                延長ハーネス&スイッチ付き、フルバージョン

                 

                延長ハーネス無し。スイッチ付きバージョン

                 


                22:00 | - | comments(2) | - | - | - |
                2017.03.28 Tuesday

                スズキ GSR750用のリミッターカット

                0

                  本日、某所にて、GSR750のリミッターカットのテストを行いました。

                   

                  無事に動作確認を取れましたので、販売を開始致します。

                   

                  内容はGSX−S1000と同じ内容の品物となります。

                   

                  当店のネットショッピング、

                   

                  ヤフーショッピングにて、近日中に販売を開始致します。

                   

                  よろしくお願い致します。

                   

                   


                  2017.03.05 Sunday

                  GSX−S1000&バンディット1250 リミッターカット、強化&安定化バージョン

                  0

                    GSX−S1000と、バンディット1250用の

                    スイッチ付きリミッターカットを仕様変更しました。

                     

                    車両の個体差による電圧の不安定差を若干なりとも受けていた

                    リミッターカット本体の耐圧強化と、

                    今まではスイッチがONの時、実際には3速にギアが入っている状態で

                    シフトインジケーターの表示が、”2”と表示されていましたが

                    今回のバージョンでは、3速まで、”3”と表示するようになりました。

                    それからシフトインジケーターの表示の安定化も行い

                    Ver2として販売開始します。

                     

                    今回は内部構造の見直しと、電子パーツを強化品へと交換を行いましたので

                    価格も若干変更していますのでご了承ください。

                     

                    GSX−S1000と、バンディット1250F(シフトインジケーター有り)の

                    リミッターカットの2種類です。

                    価格は、GSX−S1000用が10、860円

                    バンディット1250用が7360円と変更となります。

                    なにとぞよろしくお願い致します。


                    2017.02.28 Tuesday

                    GIVIのBOXと・・・。

                    0

                      一応、自分好みの最低限のカスタムで止めています(笑)

                      ほとんどカスタムの必要性を感じないほど自分的には満足な1台ですが。

                       

                       

                      シートのカスタムとハンドルの変更、

                      オリジナルのリミッターカットパーツの取り付けとほぼ行いまして、

                      最後は、どうしても欲しいリアBOX

                       

                      2〜3種類ほどカスタムパーツとしてリアキャリアが出ていますが、

                      どうも好きになれず、結局自分でやりました。

                      まぁ何度か画像を出しているのでお気づきの方はいらっしゃると思いますが

                      タンデムシートを加工してGIVIのBOXを取り付けてます。

                       

                      タンデムシートベースを分解し表皮からクッション、シートベースまで加工し

                      GIVIのベースを固定して、

                      最低限ヘルメットが入る最小のBOXを選んで取り付けました。

                      走行中の荷物などはほとんど積まないし、

                      積んでも小さいリュックと弁当箱程度ですので。

                       

                      問題は駐車している時に、

                      メットや小物の収納スペースの確保を最重要視してますので。

                      目的地に到着して、ヘルメットや無駄な荷物を持ってウロウロしたくないので

                      最低限ヘルメットの収納は欲しかったのです。

                      しばらくはスクーターばかりを乗っていたので

                      メットインBOXのありがたみから離れられず・・・(笑)

                      しかしまぁ、バイク便ばりの取り付け状態ですので

                      乗り降りが少々面倒ですが・・・(苦笑)

                      タンデムシートベースは元から若干余裕の固定なので「カタカタ」と動くのですが、

                      硬質ゴムをシートベースの固定ゴム部に当たるように取り付け、

                      ロックがしっかりかかる微妙な位置にて調整してるのでグラつきは皆無です。

                      この辺は、以前カスタムしたGSX−R1000の時の教訓を生かしてます。

                       

                       

                      バイクの方は、おおかた落ち着いたので

                      着々とライディングシューズを作ってます。

                       

                      画像はくるぶしパッドのパーツだけです(笑)

                      シューズ本体もほとんど型は出来上がってます。

                      くるぶしパッドは、最低限のプラスチックパーツと衝撃吸収パッドとの組み合わせで

                      表皮をカーボン柄の合皮をプラスして見た目を少しでも良く。

                      シューズも早く完成させないと、毎回ブーツでは少々面倒ってのもあるので。

                      もちろん、ライディングシューズの販売も行います。

                      ライディングシューズというと、シティーユース向けでしょうけど

                      一応ツーリングユースにもお勧めです。

                       

                       


                      ▲top